2018年秋アニメ 転生したらスライムだった件 第1話 感想 

2018年10月7日








こんにちは
タクミです!(*・ω・)ノ 

今日は2018年秋アニメの一つである「転生したらスライムだった件の1話を見たのでその感想なんか話していきたいと思います。


とりあえず見ての感想は、滑り出しとしては良かったのではないかなと思います。
原作を知っているせいか少々ゆっくりに感じられましたが、2クール予定らしいので構わないかなと思い直しました。
また、スキルを取得するときの演出については、賛否両論のようで私としても少々大々的かなと思いました。
スキル表示が良い演出だった作品というのはパッと思いつかないので難しいところなのかなと思います。
これからが楽しみな感じですね。

以下内容について

原作通りの導入。
主人公(三上悟)が部下を庇い、死ぬ寸前思っていたことが転生後のスキルに反映されスライムに転生してしまうという流れでした。
主人公が死んで異世界に転生するという「なろう作品」のよくある展開ですね。

人間の時とスライムの時とでcvが違っていたので、この先人間の時のcvに戻ることはあるのか気になりました。

そして、転生してスライムになって洞窟の中で草だの鉱石だのを吸収していたわけですが、結構長いこと洞窟で暮らしていた気がします。(3か月くらいだった気が…違ったらごめんなさい)

スライムとして洞窟で暮らしていると封印されていた龍であるヴェルドラと出くわします。
アニメでみると表情がついて、ドラゴンのくせにかわいらしさが際立っていましたね。
話し相手ができて嬉しそうなシーンや友達になるシーンはアニメでこそ映えた部分なのではないかなと思います。

 

そ し て こ の オ チ

 

1話としては
転生してスライムになり、ドラゴンと友達になって終わりました。
次の話がどこまで進むのか、いつ人型になるのかこの先が楽しみです。

今日はここまで。
それでは。